フューチャーEVに対する取材をスマートハートで行っております!EVメーカーさまのご協力で成り立っています!

フューチャーEV企画@スマハWeb取材

2015年からスタートさせて頂いた、「フューチャーEV」という企画。

全国のEVメーカーさまにスポットをあてた、スマートハート独自の企画で、工場を拝見させて頂いたり、開発者のインタビュー、車両の試走をさせて頂き、Webサイト上でご紹介して、広く入り口を作ろうという目的で始めております。

ただいま、着々とページを作成中ですが、ある程度コンテンツが充実してから一般公開しよーかとは思っております。

シンクトゥギャザー

シンクトゥギャザー

2月のシンクトゥギャザー社さまの取材に続き、今回は、先日のモーターサイクルショーでも2015年モデルを華々しくデビューさせて話題になった、「株式会社アクセス」さまに来訪。

アクセス

アクセス

電動バイク業界では老舗であり、もう既に10年以上の製造・販売の実績があります。

ラング

工場なども、見せて頂くほどに、本格的な切削機械や、溶接機、充電器など所狭しとセッティングされて、しっかりとライン化されているのには驚かされました。

詳細は、ウェブページが完成した時に読んで頂くとして、今回は、この企画の真意を少しお話ししてみたいと思っています。

スマートハートはただの販売店で留まるつもりはなく、EVに何らかの爪あとを残したいとは思っております。

そのひとつのお仕事として、やはり、販売して利益が出る商材もさるコトながら、そーしたモノを作るメーカーさんにスポットを当てて、理解して頂くコトが大切なコトだと思うのです。

どーしてEVなのか? これからのEVはどーなるのか?

こーしたコトまでも理解して頂いて、だからこのEVがあり、だからこーした使い方を提案する意義を知って頂きたいのです。

すると、ユーザーにもその車両を使う目的が見えて来るのでは?と思うのです。

このモノがあふれる時代に、なんでもあるのに、モノが売れるわけがないのです。

でも、もし、今所有しているモノが、あなたのライフスタイルと合わないモノであったり、目的が違うモノだとすれば、コスト以上の何かがあるのではないか?

と提案して行きたいのです。

それには、作る側の目的が、買う側の目的と合致する必要性があります。

それを結び付けれるよーな、合コンサイト?出会い系サイト? それが、販売店のサイトだと、スマートハートは思っています。

そのタメに、まずは、メーカーさまのEVを作る思想を、思いっきり書いてご紹介して行こう と思い、こーした企画を始めたのです。

まずは、バンバン取材をさせて頂き、コンテンツを充実させて、配信して行こうと思っています。

どーぞ、お楽しみに。

みんなで投票!

今回の記事はどぉ~でした?

選択肢 投票
とってもおもろかった 14  
楽しめました~ 2  
まぁまぁでした 0  
ごくごくふつーっす 0  
イマイチじゃね? 0  
つまんなかったっす 0  
だからなにっ!? 0  

投票ありがとうございました

今回の取材データ

メーカー:株式会社アクセス
エリア:山梨県甲府市

Tag: EV アクセス シンクトゥギャザー 取材 ウェブサイト 販売プロモーション 撮影

a:3931 t:1 y:0

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional