自転車のある生活・・・パワードバイクs1のスーパーアシスト電動バイクならおしゃれでスポーティな電動ライフを提供致します!

パワードバイクs1納車@自転車型電動バイクの可能性

パワードバイクs1納車@自転車型電動バイクの可能性

しっかし、電動バイクってカッコ悪いのばっかだよねぇ~

と言われるコトが多くて困りますPOWERed BIKE s1

すんませーん。コピー品ばかりで。

ま、そもそも、冷静に考えて、コピーした外装パーツで、しかもホイールインモーターのクセして、しっかりと両持ちのスイングアームが存在し、航続性や収納性とゆー実用性もない。

変なバイクですね。

どこが先進性のある乗り物なんでしょーか???

自分で売ってて不思議になります。

今の電動バイクとゆーカテゴリーは、スマートハートの持論でもありますが、おもちゃです。

電動バイクは雑貨。

ほんとっ、この一言に集約されています。

雑貨なら壊れても甘く見て頂けます。

雑貨なら走りが悪くても許して頂けます。

雑貨なら使い捨てバッテリーでも仕方ありません。

もちろん、雑貨以上の品質、ポテンシャル、耐久性、そして、デザインが欲しいのは言うまでもありません。

でも、現状、皆無です。

ヤマハであっても、まだ、真の電動モーターサイクルとしての領域に達していません。

テスラに乗ったコトがあるでしょーか?

i3は?

いや、リーフでもじゅーぶんです。

四輪車から受けるEVのポテンシャルはすばらしーモノです。

ひとつトップポテンシャルポイントを掲げ、その目標に向かって車両を作っている。

この目標が無いと言いませんが、低すぎるのか?達成のタメの妥協があまりにも多すぎる。

最終的に出来上がったモノは、あっちこっちのパーツを組み合わせた、5個1、7個1バイクです。

いや、しょーじき、今までの過去のバイク乗りに売るだけのバイクであれば、それでもイイでしょう。

バイクの形しているバイクが好きな人ばかりなので。

今は、これからは、違います。

いかに、スクーターの形をしていないか? が電動バイクのアイデンティティとなるでしょう。

わたし自身、もう、スクーターの形をしている乗り物は、カッコ悪いと思っていますし、ライフスタイルの中から消し去りたいと思っています。

イイ年こいて所有すら恥ずかしー とも思っています。

このブログを見る人自体、バイクを愛する人が多いので、わたしの意見には賛同できないでしょう。

でも、バイク好きの人のタメの開発や販売ばかりしていても、それは自慰行為と同じ。

業界の中で心地よくグチャグチャ商売やってても、それはマーケットとしてはじゅーぶんかも知れませんが、発展は止まりますし、これほどつまらないモノはないです。

いかに、先進的で理にかなっている、今にマッチしたモノを世に送り出せるか?にチャレンジするコトが楽しいのではないでしょーか?

そして、その思想にピッタリと合致したスペシャルBIKEがあります。

POWERed BIKE s1

それが、唯一、わたしが電動バイクの中で「カッコイイ」と言えるバイク、「パワードバイクs1」です。

電動アシスト とゆーシステムは理解していますか?

自転車のペダルをこぐと前後のタイヤが回ります。

この回す力を、電気の力で補助(アシスト)してくれるのが、電動アシストというシステムです。

このパワードバイクs1は、電動アシストバイクなのです。

アクセルとゆーモノは存在しません

そして、原付規格である、580w定格モーターが装着されています。

自転車のよーなボディに、原付規格のモーターが載るわけですから、そのパワフルさは、容易に想像つくコトでしょう。

異次元の感覚です。

POWERed BIKE s1

そーしたスペックの領域もさるコトながら、スタイリング、デザイン、電動として最大のメリットである積載性など、すべてが「」を主張しています。

昨今は自転車ブームであり、休日を自転車サイクリングなどで嗜む中高年は、バイクユーザーと反比例する増加傾向を示しています。

バイクユーザーがそのまま自転車ユーザーに移行していると判断できます。

紛れも無い事実です。

ならば、自転車型の電動バイクを投入するのは、理に適っていませんか?

POWERed BIKE s1

スタイリングを自転車に近づければイイとゆーモノではありません。

中高年が自転車にスイッチしている最大の理由が、健康志向です。

ならば、いくら自転車のボディを使ってスタイリングをマネしても、運動にならなければ購買意欲を掻き立てないでしょう。

だから、アシスト型なのです。

つまり、こぐ ってコトです。

パワードバイクs1

エクササイズとしても機能する移動手段、今を反映する自転車型、そして、カーボンドライジャパン というサイクルブランディングイメージ。

前述した、テスラや、BMW、フォルクスワーゲンなどを所有するEVユーザーは、必ず、このパワードバイクs1だけは、「カッコイイの出したねー」と言ってくれます。

やはり、すばらしー電動を乗っている方は、わかって頂けるのです。

電動バイクとは、このハイエンドユーザーをターゲットとするべきです。

そのタメに超えなければならない壁は大きく、無数にありますよ。

でも、絶対に認めてくれます。

POWERed BIKE s1

いや、認めるコトになるでしょう。

だって、スクーター、カッチョ悪いもん。

もちろん、カッチョ悪いとかカッチョイイとか、そんなコトを移動手段に求めない方は、トゥデイやディオでじゅーぶんなわけで、電動バイクは買いません。

積載性

そして、今回、そんなパワードバイクs1をご購入して頂きましたお客様、その積載性を活かし、お車に積んで帰られました。

積載性

これができると、販売店としては楽ですよね。

積載性

こーした時代の先を行く電動バイク、自転車型の可能性に感銘したら、ぜひ、スマートハートにご一報ください。

自転車型電動バイクを駆るライフスタイルをご提供致します。

宅急便

もちろん、宅急便で運ぶコトもできる可能性を、自分のライフスタイルの中でシュミレーションして見てください。

POWERed BIKE s1

スポーツとして乗るもよし、スーツで乗るものよし、避暑地で汗をかかずにこもれびの中で流すもよし、心地イイ風を、パワードバイクs1で受けてみてはいかがでしょうか?

みんなで投票!

今回の記事はどぉ~でした?

選択肢 投票
とってもおもろかった 17  
楽しめました~ 3  
まぁまぁでした 1  
ごくごくふつーっす 0  
イマイチじゃね? 0  
つまんなかったっす 0  
だからなにっ!? 0  

投票ありがとうございました

Tag: カーボンドライジャパン CARBON DRY JAPAN パワードバイクs1 POWERed BIKE s1 MTB型 自転車型 電動アシスト

a:2600 t:1 y:0

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional