ガソリンエンジンのK自動車ターボ付きとのランニングコスト比較!電動バイクが年間5万円の差を付けてお得!

スクーテックSZ552M@シングルリチウム航続テスト

先日から、メーカーさまにお借りしている、SZ552MのWリチウム仕様。

スクーテックSZ552M

本格的に、お客様が興味深々の様子で、特に、外観をえらく気に入って頂いており、では、お客様の通勤時の同じコースを航続テストをしてみよう!ってコトになりました。

ただし、W電池じゃ走れるに決まっているので、シングルでテスト。

と言いますのは、通いの距離は、当店~ふじみ野市という、ほぼ所沢に近い地域。

これはあります。

最短コースを叩きだしたら、32キロ。

地図

ほんとーに、ちょーど、現地に着いたら、電池切れという感じでした。

ぴったし、32km が航続距離です。

途中、浦和所沢バイパスという大きな3車線道路があるので、70キロ全開が続きました。

ストップ&ゴーは、ほぼ感じない、信号間のスパンは長い経路です。

メーター

現状、このお客様の場合、毎日の32キロを、現在、軽自動車のターボ付きで、リッター8kmらしいです。

少し、コストデータをわかりやすく出してみましょう。


  • 年間通勤数:270日 年間距離:17280km
    K自動車ガソリンスクーター電動バイクSZ552M
    年間コスト¥345,600(L=8km@¥160)¥55,360(L=50km@¥160)¥9,990(@¥37)


ま、コストを考えたら、なに悩むコトなんて無いわけです。

クルマ→電動バイク は、ズバリ!「買い」です。

仮に30万円する電動バイクを買ったって、1年通えば元を取ってしまうという結果です。

2年に一度の買い替えだって悪くないって計算になります。

ガソリンスクーターならば、比較メリットが出て来るまでに何年もかかるでしょうが、この間、オイル交換やらプラグ交換、フィルター交換など、エンジン特有の消耗品メンテナンス料はかかるので、3~4年がターニングポイントでしょう。

これを一人一人のお客様に、データを突きつけてもイイのですが、イマイチ、現地味が無いかも知れませんね。

要は、一流メーカーのLED電球と一緒です。

たとえ後ほどメリットが出てくるにしても、今、高いお金を出すのはイヤなんです。

だから、タイミングなんです。

だから、もし、今の通勤コストを真剣に考えるタイミングが来たら、マエケンして下さい。

みんなで投票!

今回の記事はどぉ~でした?

選択肢 投票
とってもおもろかった 12  
楽しめました~ 1  
まぁまぁでした 0  
ごくごくふつーっす 0  
イマイチじゃね? 0  
つまんなかったっす 0  
だからなにっ!? 0  

投票ありがとうございました

今回のテストデータ

エリア:川口市~ふじみ野市
バイク:スクーテック・SZ552M
距離:32km

Tag: SCOOTECH スクーテック SZ552M 航続距離 導入テスト ランニングコスト ガソリン代

a:3539 t:1 y:0

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional