電動バイク専門ショップ【スマートハート】から販売する、スムーズ&パワフルスポーツ電動スクーターSZ552R/RRをクレカ決済で買える!

原付二種ハイパー電動バイク【スクーテック・SZ552R/RR】スマートハート

トップページ電動バイクラインナップスクーテックジャパン・SZ552R/RR

 スマートハートにSZ552R/RRについて相談する TEL048-285-6805

スクーテックジャパン・SZ552R/RR

スクーテックジャパン

スクーテックジャパン・SZ552R/RR

スクーテックジャパン・SZ552R/RR

スクーテックジャパンから、インテリジェントコントローラー搭載のハイパースポーツ電動「SZ552R/RR」新登場!

スマートハートから新車販売スタート致しました。

スマートハート販売価格:R(バッテリー1パック)¥274,000 RR(2パック)¥384,000 (税別)

原付一種原付二種サイドスタンドフロントディスクブレーキホイールインモーターリチウムバッテリー テイクアウトバッテリーグローブボックスリアボックスオプション

SZ552M電動バイクローンシュミレーション
※送料・ナンバー取得料・自賠責保険・盗難補償・ロードサービス・オプション品は含まず

お問い合わせ

 スマートハートにSZ552R/RRの試乗を申し込む! TEL048-285-6805

特徴

これまでにもラインナップされていたSZ552Mのマイナーチェンジモデル、SZ552Rの登場だ。
スマートハートでも独自に装着していたインテリジェントコントローラーを好評の後、標準装備となったいわば、やっと、ほんとに乗れる電動スクーターに完成したと言ってイイだろう。
スクーテックジャパン・SZ552M
外観は、しょーじき、落ち着いた感じのデザイン。
最近の流行りでもある、下方大型ヘッドライトはマルチリフレクター化されており、ピカピカしてて、単純にカッコイイ。
スクーテックジャパン・SZ552R/RR スクーテックジャパン・SZ552R/RR スクーテックジャパン・SZ552R/RR スクーテックジャパン・SZ552R/RR
SCモデルのような強引なロングホイールベースはされておらず、しっかり、ベースとなっている車両のパッケージングを活かしている。それだけに、乗り味は期待できる。
スクーテックジャパン・SZ552R/RR スクーテックジャパン・SZ552R/RR スクーテックジャパン・SZ552R/RR スクーテックジャパン・SZ552R/RR
デザインの特徴はそのエッジ。あえて角ばらせてエッジを利かし、大きい車体でもシャープさを演出しているのは、ブルーメタリック車の方が、そう感じられるかもしれない。
スクーテックジャパン・SZ552R/RR スクーテックジャパン・SZ552R/RR
ヌメ~っとしたフロントだが、しっかり角を残しているので、かっこ悪くない。フロント、リア共に、レンズのクリヤー化も施されており、チャイナ製のウィークポイント、レンズ色あせを防げるだろう。そして、このリアデザインは、何者にも似ていない素晴らしいデザインだ。ただただ欲しくなる。
スクーテックジャパン・SZ552R/RR スクーテックジャパン・SZ552R/RR スクーテックジャパン・SZ552R/RR
制動は、前後ともにディスクブレーキ。ただ、ブレーキキャリパーの作りがクリアランスがでかいので、まるでフローティングディスクのようなカタカタ音がする。これは、ディスクではなく、キャリパーが鳴っているので、しょーじき不快だ。
スクーテックジャパン・SZ552R/RR スクーテックジャパン・SZ552R/RR
そして、このSZタイプRの一番の残念ポイント。それが、このシート形状と硬さだ。170cmのわたしがまたいでも、ステップまでの距離、シートの沈み込み、前後のヒップを決める位置が、しっくり来ない。つまり、もっと身長のある方が乗ると、ひざが余り気味になり、おまけにハンドル角が寝ているので、とんちんかんなライディングポジションとなるコトだろう。ここは、ぜひ、シートの肉厚で多少でも調整したいトコロだ。
スクーテックジャパン・SZ552R/RR スクーテックジャパン・SZ552R/RR スクーテックジャパン・SZ552R/RR スクーテックジャパン・SZ552R/RR
ただ、そうしたダメポイントをも覆すべく、やる気をそそるポイントがある。それが、メーター周りのデザインだ。カラーエリアが回りこむ電動だが、アナログにこだわるトコロが、ひじょうに好印象だ。メーターデザインはこれでイイんです。これが一番見やすくて、間違いがないんです。計器類は少し指が遠い印象があるが、国産では馴染みがある同機能だ。グリップのアルミはしょーじき不要だろう。夏熱く、冬ちべたい。
スクーテックジャパン・SZ552R/RR スクーテックジャパン・SZ552R/RR スクーテックジャパン・SZ552R/RR
SZ最大の特徴が、リチウムバッテリーをWで搭載出来るトコロ。そして、それぞれが独立して、並列で運用出来るタメ、例えばAバッテリーが無くなったらBバッテリーをON!というリザーブ的活用も出来る。もちろん、どちらもブレーカーをONにしておけば、HDDのRAID0システムのように、両方のバッテリーから均等にエネルギーを活用するコトが出来る。ただし、ひとつの充電器にひとつのバッテリーしか繋げられないので、同時チャージしたい場合は、もうひとつ充電器を買い足す必要性があるぞ。
スクーテックジャパン・SZ552R/RR スクーテックジャパン・SZ552R/RR スクーテックジャパン・SZ552R/RR スクーテックジャパン・SZ552R/RR
このクラスになると通勤でもガッツリお使いだと思う。そんな時に無くてはならないのが、防犯装備だ。変なイモビなんかよりも、機械的に作動するモノの方が効果が高いのが実証済みだ。つまり、キーシャッターが一番の対策機能と言って良いだろう。ほんとにグローブぐらいしか入らないがキー付きボックスも装備されている。サイドスタンドはこの重量を支えるには、少々役不足な印象があり、もう少ししっかりとしたフレームが欲しい。
スクーテックジャパン・SZ552R/RR スクーテックジャパン・SZ552R/RR スクーテックジャパン・SZ552R/RR
これはリアキャリアも同じだ。収納性が皆無なこのSZならば、ドデカイリアボックスは必需品。だが、それに対してリアキャリアが貧弱すぎる。これは今後の改善ポイントだろう。

LEDバーをフロントに装備した大人のハイパー電動スクーターSZ552R/RR。
しっかりと右車線を走れる最安スクーターと言ってもイイだろう。
ぜひ、スマートハートへご試乗にお越し下さい。
スクーテックジャパン・SZ552R/RR

 スマートハートにSZ552R/RRについて相談する TEL048-285-6805

スペック


スクーテックジャパン・SZ552R/RR

メーカー・車種名SCOOTECH JAPAN・SZ552R/RR
価格R(バッテリー1パック)¥274,000 RR(2パック)¥384,000(税別)
ナンバー原付一種(白ナンバー) 原付二種(黄色ナンバー)選択方式
乗車定員1人 2人 選択方式
全長1820mm
全幅680mm
全高-mm
最低地上高-mm
シート高720mm
車両重量R:79kg RR:90kg
満充電時航続距離R:35~45キロ RR:68~85キロ
最高速70km/h
登坂能力R:13度 RR:15度
モーターホイールインモーター 一種:600W 二種:650W
バッテリー種類リチウムバッテリー66V20Ah ×1 or ×2
充電時間3~5時間
ブレーキ前:ディスクブレーキ 後:ディスクブレーキ
タイヤサイズ前:3.50-10 TL 後:3.50-10 TL


EVテクニカルサポート by スマートハート

 スマートハートにSZ552R/RRについて相談する TEL048-285-6805

店長のぶっちゃけ試乗インプレッション

かねてから試乗してみたい電動バイクがあった。それが、レーシーイメージを打ち出しているスクーテックジャパンのSZ552Mだった。
しょーじき、この手のデザインは個人的にはあまり好きではない。国産ヤマハなどに多く見られる台湾製スクーターのようなデザインが、昔っから好きでなく、ヘッドライトはハンドルに付いている方が機能性がある。その機能を潰す意味がわからないというコトもあり自分の中で、フロントカバー内ヘッドライトは排除していた。
このSZも例外なく、その大切なひとつの機能を殺している。つまり、前カゴの装着性だ。
スクーターからこの機能を奪ったら、何が残るだろうか?
荷物は重量配分の差からして、フロントに積むのが良いに決まっている。つまり、こーした機能性を排除した上で、所有欲がそれに湧くか?が、わたしの個人的な評価ポイントとなる。
結果から申し上げよう。
このSZは、収納性は皆無だ。まったくない。だが、収納性を完全に殺してしまっても、欲しくなる魅力があるのは、なかなか普及のめどがたたない電動バイクの中にあって、となる車種だ。
その魅力を、乗り味も含めてしっかりお伝えしたい。

SZ552Mの試乗レポート

まず、お断りしたいのが、この試乗した個体は標準コントローラー装着車だ。これは、メーカーから標準で提供されているモノで、このギクシャク感がひどいコントローラーはスマートハートでは販売していない。あくまでお客様のお手元に販売するSZは、インテリジェントコントローラーをおごっている。(2014年12月よりSZ552R/RRとして登場)そのスムーズさは、特筆すべきで、国内電動スクーターでは体感したコトのない領域を体験出来るだろう。
さて、こうした前提を踏まえ、標準コントローラーモデルを試乗したみた。

まず、スタートの唐突ダッシュだ。
びっくりしてしまうほどのパワー感だ。これこそ、ロケットダッシュというモノだろう。
もちろん、それを良しとする大らかさは、わたしにはない。この唐突ダッシュをコントロールするには、エンジン車以上のアクセリングが必要となる。ちょっとずつちょっとずつ開けるよーな繊細な運転だ。
これは、渋滞中の巡航時も同じだ。この渋滞路も経験したが、とにかく疲れる。それは、エンジン車では気を使わなかった領域だったので、出力コントロールに疲れるとは思いもしなかったコトだし、初めての経験ではある。

電動バイクのホイールインモーターでは、この出力制御をコントローラーに100%依存している。つまり、コントローラー次第で、すばらしーバイクにも、疲れて仕方ないバイクにも、変貌するわけだ。
そして、残念ながら、この標準コントローラーのままでは、SZは後者だ。
だからこそ、インテリジェントコントローラーを装着して販売しないと意味がないのだ。そして、そのコントローラーを装着したSZは別物だ。まるで一グレード上がった感覚、いや、まったく別のスクーターと言える。
国内最高峰の電動スクーターと言っても過言ではないだろう。
最高速も65km/hをしっかり体感させてくれるし、二種だから80km/h出すという変な目標は捨ててイイと思う。
電気モーターの無音での65km/hは、おそらく経験したコトのない領域なはずだからだ。飛ぶんじゃないかと思わせる。

SZ552Mの試乗レポート

それだけ素晴らしいパワーとコントローラーを装着したとしても、やはり残念極まるのが、シートの造りだ。
まるで、木の板のように硬い。沈み込みをある程度考えてシート形状は考えるモノだが、まったく静的なイメージで作ってしまったようだ。
ステップ側にズリ落ちるような感覚を常にお尻に感じている上に、シートとステップまで浅く、膝が余るような感覚。
これは、30分で音を上げてしまった。
さらに、ハンドル位置がシートに近いタメ、後ろに背もたれがあるように座りたいのだが、シートの形状が前述のように滑り台のよーに前のめりを強いられる。
これは、根本的にシート素材と形状を変更したい。たとえば、低反発ウレタンなどを使って形成したらよりラグジュアリー感は演出出来ると思う。
ただ、これは、170cmのわたしの身長での話しであり、身長がもっと低い方は、意外としっくり行くポジションかも知れない。
足つき性は悪くないし、ステップとの距離が浅い車両は恐怖感が薄いからだ。

SZ552Mの試乗レポート

さて、そして、肝心のライディングについてだが、かなりイイレベルで煮詰まっている。
特にホイールベースが適切なので、車体の大きさとコーナリングした時の違和感がほっとんどない。こうした車両はコケ率が少ない。
もちろん、タイヤサイズなども一個太いモノが入ってるので、グリップ感もあるのも起因しているだろうが、曲がる、止まるは、安定している。
唯一、ブレーキキャリパーがカコン!っといちいち鳴るのは、頂けない。
キャリパーの遊びが多いゆえのチャイナバイクに多い現象だ。
ま、フローティングディスクという感覚で乗れば、許せる範囲内だが、ユーザーによっては、これ壊れてるんじゃない? と言われかねない仕様だ。
もちろん、制動性能は前後共にディスクというコトもあり、申し分ない。
強いて言えば、前後ともに12インチを採用していれば、真のハイパースポーツであるだろう。それを支えるだけの骨格があるよーに思う。

なんだかんだと気づいたトコロもあげてみたが、総合的にすばらしーレベルに落ち着いている電動バイクだ。
これぞ、しっかり走れる電動バイクだ。こーゆースクーターがあって、踏まえて、のんびり走るという選択肢もあるわけであり、すべてがちんたら走る電動だけじゃ、絶対ダメなんです。

そんな大人のスポーツスクーターを乗りたくなったら、ぜひ、次はガソリンエンジンではなく、スクーテックをオススメ致します。

試乗動画


 スマートハートにSZ552R/RRについて相談する TEL048-285-6805

店長の勝手に評価

オススメポイント

  1. Wバッテリー・・・並列で繋ぐ2パックのリチウムバッテリーでマルチな使い方が出来るプラスアルファ!
  2. カッコ良さ・・・落ち着いているデザインながらも、センスのイイボディラインで所有満足感が上がる!
  3. 原二登録OK・・・二人乗り可能な原二タイプも同価格で選べるのは、とてもイイ発想だ!
    SZ552R/RRのオススメポイント

イマイチポイント

  1. ライディングポジが決まらない・・・元々の車体パッケージングがなってないと思われる。
  2. シート形状と硬さ・・・ポジションを決定付ける。改善できるポイントなので、ぜひ取り組んで頂きたい。
  3. 収納性が皆無・・・まったくない収納性はどうかと思う。せめてリアボックスの同デザイン・標準化はしてもらいたい。

総評


機能★★★☆☆ 3安全装置付きサイドスタンドや、回生ブレーキ、並列バッテリーなど、装備は満足度がある。ただし、問題は、収納が一切無いというコト。ユーザーレベルの話しになると致命的と言える。リアボックスはプラスする必要性があるだろう。
性能★★★★☆ 4大満足なパワー。そしてそれを受け止める足回り、ブレーキ、視認性のイイメーターなど、荒削りなのは残念ではあるが、申し分ない。品質の問題が残るが、ある意味新たな電動の時代だ。
デザイン★★★☆☆ 3個人的には平凡と見えるレベルだが、万人向けするデザインなので売りやすい。ただし、色の選択がイエローとブルーというのは極端か。せめてブラック、シルバー系でシックに行ければ購買層も広がるかな とは思う。
コスト★★★☆☆ 3Wリチウムはさすがに高い。でも、変な三流メーカーのガソリンビッグスクーターを同金額で買うならば、SZを選んだ方が利口だし、ステイタスを感じれるだろう。電気をしこたま表現していないトコロが粋だ。
安心度★★★☆☆ 3メーカー対応は問題なく、しっかり対応してくれる。ただし、電装系やブレーキ系に若干のトラブルがあるので、販売店とユーザー理解し合って、気を使いたいトコロだ。
満足度★★★★☆ 4所有満足は高いと思う。この価格で購入するわけなので。リチウムバッテリーというコトもあり長期活用も出来るし、何よりランニングコストが低下するのは著しい。そのコトからも、お財布の中身は減らないのは、何より嬉しいだろう。


この電動バイクってどーですか?


認証コード(8899)
  • 2年ほど前に浅草スクーテクで購入しました。新型のコントローラーというのは後付交換が可能なのかどうかなどの情報が知りたいと思っています。今の設定は唐突に出るのでわたしに合いません。交換した方がいれば価格なども知りたいと思っています。宜しくお願いします。 -- 康太 2015-09-13 (日) 09:39:40

みんなで投票しよう!

SCOOTECH・SZ552R/RR 皆さんのご興味は?

選択肢 投票
とても乗りたいと思った! 29  
候補として相応しいと思う! 5  
ふつーにイイと思う。 2  
まぁまぁ魅力的ではある 0  
興味がある程度です 0  
試乗ぐらいはしてみたい 4  
イマイチ魅力を感じない 2  
乗りたくはない 3  


投票ありがとうございました。

 スマートハートにSZ552R/RRについて相談する TEL048-285-6805


SC/SZシリーズのFAQ

スクーテックジャパンSC/SZシリーズのよくある質問
スクーテックSCSZシリーズのFAQ

SZ552のメンテナンスレクチャー


レクチャープロジェクト


まずはスマートハートにアポイント!

スマートハートにお問い合わせ

電動バイク専門だからこその、お客さまの利用シーンに合った商品をオススメするコトが出来ると思います。

  • 実際にどれぐらい走るのか!?
  • 品質は大丈夫なのか!?
  • サポートはしっかり出来るのか!?
  • 購入方法は?
  • 試乗とかって出来るのか!?

などなど、ごくごくカンタンなご質問から、企業さま向けのリース契約などの複雑な内容まで、お気軽にお問い合わせ下さい。

お電話のお客さま


お電話

048-285-6805

KDDI IP無料通話回線
受付時間:8:00~22:00 365日対応

スマートハートでは、緊急時などの通信トラフィック混雑を避けるタメ、 ウィルコムを使用しております ウィルコム(070ナンバー)を使用しております。

メールのお客さま

忙しくていつも営業時間外だ・・・ というお客さまはメールでお気軽にお問い合わせ下さい。

パソコンから どっち? モバイルから



ページトップへ

a:5999 t:1 y:7

この電動バイクのタグ

Tag: SCOOTEH JAPAN スクーテックジャパン SZ552R RR プラグイン 650W リチウムバッテリー サイドスタンド 着脱式バッテリー ホイールインモーター 回生ブレーキ

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional