東京ビッグサイトで開催中の第42回東京モーターサイクルショーにスマートハートも見に行って来ました!!

東京モーターサイクルショー@東京ビッグサイト

東京モーターサイクルショー@東京ビッグサイト

今日から3日間、東京ビッグサイトにて開催されているモーターサイクルショーに出向いて来ました。

もちろん、ターゲットは、EV車両

と、言っても、エンジン車両が大半で、電動専門メーカーさまの出展は、アクセス社さまオンリー。

少し寂しい気もしますが、その中でも、エンジン車両と並行販売しているヤマハと、ADIVAブースもしっかり見てきました。

エンジン車はね、しょーじき興味ありましぇん。

それと、これは、総括になってしまいますが、

特に目新しいパーツもなかったし、四輪車や、家電、IT、住宅、サービス、エンターテイメント、どんなカテゴリーと比べてみても、明らかにバイク業界は後退しているとしか見えないです。

ただ、ADIVAブースなどを見る限り、当店でも取り扱いのあるEV車両の、EM100CARGOや、新型三輪エンジン車両があったりと、かなり変わった技術力をアピールしているイメージ。

EM100CARGO

とても未来が見える展示でした。

株式会社アクセス

また、こちらもスマートハートで取り扱いのある、アクセス社の電動バイクブース。

2015年ニューモデルの、ラング

ラング

前モデルのチャイナチャイナしている感じから一変、台湾系のシュっとしたデザインに変更されています。

これは、カッコイイですね。

また、単車タイプの電動バイクが目を引いてました。

AC-ZRX

AC-ZRX という機種で、軽二輪枠の6000W出力。

AC-Cruise

ビッグスクータータイプの AC-Cruise 3000W出力の同じく軽二輪ナンバー枠の電動バイクです。

なかなか愉しめるブースで、ぜひとも、見て触って体感して頂きたい電動バイク郡です。

アクセス社の新型電動バイクについては、後ほど取材を兼ねた記事をしっかり書きたいと思っていますので、詳細はもう少々お待ちくださいませ。

また、ヤマハからも、新型電動バイクの、eVINOが控えております。

さすがにおしゃれなヤマハだけあって、ビーノのクラシカルなイメージと電動のエコイメージをしっかりと融合させて、ユーザーに伝えています。

eVINO

かわいくて思わずマネ買いさせるよーな女子力を、しっかりテイストとして盛り込んでいるトコロが、ホンダ、スズキ、他のメーカーには無い魅力でうまいです。

このイメージ作りが、これからのバイク業界には必要です。

バイクなんて、ただの道具でしかありません。

主役は人間です。

厳密に言えば、「そんな道具(バイク)に乗るわたし」が主役であり、その「わたし」を引き立たせるアイテムで無ければ売れやしないのです。

いくら航続距離が伸びようが、どんだけ加速しよーが、そのイメージ作りが出来なければ、ヒットはないのです。

速そーなイメージのバイクがおそくちゃ売れないし、カワイイバイクがクソ重たいよーじゃ売れないし、売れるバイクは、わかりやすいバイクなのだと思います。

なんか、そんなコトを考えさせられた、今回のモーターサイクルショーでした。

そんな見方も出来るモーターサイクルショー、ご興味のある方は、この土日に行ってみてはいかがでしょうか?

みんなで投票!

今回の記事はどぉ~でした?

選択肢 投票
とってもおもろかった 17  
楽しめました~ 5  
まぁまぁでした 1  
ごくごくふつーっす 0  
イマイチじゃね? 0  
つまんなかったっす 0  
だからなにっ!? 1  

投票ありがとうございました

今回のイベントデータ

場所:東京ビッグサイト
ブース:ヤマハ・アディバ・アクセス

Tag: ヤマハ ADIVA アクセス 電動バイク モーターサイクルショー 東京ビッグサイト 2015

a:3078 t:2 y:2

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional