スクーテックジャパンのSZ552Mのメーターが上がらないトラブルをホンダのパーツで直しちゃう!DIYだって可能な流用情報を配信中!

スクーテックSZ系のメーターケーブル@ホンダ・リードパーツ流用

ちょっと前にスマートハートで買われたSZのお客さんからのトラブル報告。

車種は、スクーテックジャパン・SZ552M ですが、メーターの針が上がらないとのコト。

ケーブルが切れてるか、ホイールのギアボックスの中がへんてこになってるか?どちらかです。

先週入庫した、サンボーイのデジタルメーターのトラブルに比べたら、とっても単純でわかりやすい。

そして、来店頂ければ、その場で即、直せそう。

もちろん、メーカーからパーツが事前に届いているわけではありませんが、そこは経験値で、一発で直します。

もはや、性分です。

お預かりも代車もキライ。

トラブルは、その場で解決する。

これが、スマハのモットー。

そして、お客さんのバイク使って検証もなんですが、ご協力の元、国産パーツで流用出来るか試してみました。

結果を最初に言いますと、SZ系のメーターケーブルとギアボックスは、ホンダのリード50/90、もしくは、50/100用で流用可能です。

リード50/90

リード50/100

型式で言いますと、AF20 / HF05AF48 / JF06 ですね。

ケーブルの長さ比較

比べてみると、形状は一緒なモノの、長さが若干違います。

SZ用

各パーツ特徴

短いよりは、長い方が遊ばせるだけなので、今回は、リード50/90用のメーターケーブルと使いました。

ホンダ純正だと、古いバイクというコトもありストック料が乗っかっているので、NTB社製などもコストバランスを考えてイイかも知れません。

取り回し

3~4cm長いとは言え、実際に取り付けした取り回し具合も、それほど悪くありません。

カバー内

フロントカバー内にスペースがあるので、それが利いているのかも知れません。

ケーブルの外皮肉厚も安心で、要所要所、こーやってホンダ純正パーツなどを使うと、かなりイイ乗り物と変化します。

ちなみに、これがギアボックスの比較です。

ギアボックス

ギアボックス

原付バイクはイヤってほどイジって来ましたので、見れば、どの国産パーツで流用出来るかわかります。

チャイナ製電動バイクの消耗品、どのパーツがどの国産パーツの流用が出来るか?今度、ヒマな時にでも情報をまとめてみよーかと思っております。

そして、開けたら、開けた箇所で出来るコトは、頼まれてなくてもやる。

これ、メンテナンスの基本中の基本。

コネクターを外したら、コネクターグリスを塗布したり、怪しい箇所はタイラップして結線したり、ついで作業は、いわば修理に携わるモノとして当たり前のコトです。

これをやらねーバイク屋の多いコト。

これをお読みのユーザーさまだけは、イイお店とお付き合い出来るコトを、心から願っております。

みんなで投票!

今回の記事はどぉ~でした?

選択肢 投票
とってもおもろかった 21  
楽しめました~ 5  
まぁまぁでした 1  
ごくごくふつーっす 0  
イマイチじゃね? 0  
つまんなかったっす 0  
だからなにっ!? 0  

投票ありがとうございました

今回の修理データ

バイク:スクーテックジャパン・SZ552M
トラブル:メーターが上がらない
作業時間:約30分
作業難易度:★☆☆☆☆

Tag: SCOOTECH スクーテックジャパン SZ552M メーターケーブル ギアボックス メーターワイヤー 流用パーツ

a:4022 t:1 y:0

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional